不用品回収業者と役所を比較した時のメリット・デメリットは?

新居に引越しをする場合や、会社のお引越しなどには、かなりまとまった量の不用品が出るものです。
炊飯器や電子レンジ、コピー機などの家電類やソファーやベッド、オフィステーブルなどの家具類にいたるまで不用品は様々です。
不用品の回収処分が必要になったとき、業者や役所に依頼するのが一般的ですが、どちらに依頼すべきかで迷う方もいるでしょう。
今回は、回収処分をお願いした場合の、それぞれのメリットとデメリットについて簡単にまとめてみました。

不用品回収業者と役所のメリット・デメリット

不用品回収業者に依頼するメリット

  • 不用品の回収日時を依頼者の都合の日時に合わせてくれる。
  • 不用品の運び出しまでやってくれる。
  • 不用品回収の対象範囲が幅広い。
  • 回収業者によっては不用品の買取りも行っている業者があり、回収料金から相殺してくれる場合がある。

不用品回収業者に依頼するデメリット

  • 料金設定が役所より少し高め。
  • きちんとした業者に依頼しないと、高額な請求をされる場合がある。

役所に依頼するデメリット

  • 各自治体が行っているので、信用度が高い。
  • 料金が不用品回収業者より安い。

役所に依頼するデメリット

  • 日時は役所の都合で、依頼者の都合で指定はできない。
  • 不用品の対象が限定されてしまっている。
  • 役所は不用品の運び出しは行ってくれないので、指定の場所まで自分で行なわなくてはならない。
  • 土日や深夜・早朝は行ってくれない。

回収・処分できるもので比較

不用品回収業者の場合

不用品を回収業者で処分してもらう場合、処分できないものはほとんどありません。
危険物については回収できないものもありますが、家庭から出す不用品であれば、だいたいは回収してもらえます。
役所で回収してもらえなくても、不用品は片付けないわけにはいきません。
回収業者に、処分してもらえない不用品について処分してもらえるかどうか、相談してみてはいかがでしょうか。

役所の場合

不用品を役所で処分してもらおうとした場合、役所では下記のものは処分できません。
※各役所によって違いがありますので、詳しくは各役所ホームページでご確認ください。

  • 洗濯機、エアコン、テレビ、冷蔵庫(家電リサイクル法の対象)
  • パソコン、モニター(パソコンリサイクル法の対象)
  • ピアノや耐火金庫

役所では、以上のものを除いて回収してもらうことが可能です。
ただし、指定された日に指定された場所に出すことが義務付けられています。

不用品回収の料金で比較

不用品回収業者の場合

不用品を回収業者に頼んだ場合、料金は役所よりも高くなります。
同じベッドでご説明しますと、業者によって値段は異なりますが、だいたい5/000円ほどになります。
料金だけで比較しますと、業者の料金はかなり高く感じます。
(役所の場合は税金などでまかなっている為、安価になります)
しかし、業者であれば解体もしてもらえますし、自宅(高層マンションなどでも)まで取りに来てもらえます。
自分の都合に合わせて回収の日も決められます。
料金は高くなりますが、業者に頼んだほうが手間もかからず、早く片付けられます。

役所の場合

不用品の回収を役所に頼んだ場合でも、ただで回収してもらえるわけでありません。
料金もお住いの都道府県によって多少異なります。
平均的な料金でご説明しますと、たとえばベッドの回収を頼んだ場合、ベッドマットと本体を合わせて回収料金はだいたい3000円ほどです。
ただ、役所で回収してもらうためには、粗大ゴミ置き場まで自分で持って行くことが必要です。
解体などはしてもらえませんから、自分の手で定められた日・場所に出すことになります。

回収作業時の手間で比較

不用品回収業者の場合

不用品を回収業者で処理してもらう場合、いろいろな手間を省けます。

  • 解体や吊り下げ、エレベーターなしを対応してもらえる
  • 自分の指定した日に取りに来てもらえる
  • 自宅から運び出してもらえる

粗大ゴミの中では、自分だけで処理をするのは難しい物もたくさんあります。
また、エレベーターがないマンションなどの場合、運び出すのも大変です。
都合の良い時間に取りに来てもらえば、引っ越しの片づけで忙しい合間に不用品の処分ができますので、とても助かります。

役所の場合

役所に不用品を処分してもらう場合に必要なことがあります。

  • 粗大ゴミ回収券を役所やコンビニなどで購入
  • 指定された日に指定場所まで自分で運ぶこと
  • 解体をしておくこと

粗大ゴミの解体は大変ですし、吊り下げなどは対応してもらえませんから、自分でゴミ置き場まで運ぶことが必要です。
指定された日に粗大ゴミを出さなければなりませんから、引っ越しなどでいろいろと忙しかったり、仕事が忙しいと、なかなか不用品の処分が進まないという問題が出てきます。

回収可能なエリアで比較

不用品回収業者の場合

不用品を回収業者で頼む場合、管轄する地域が定められています。
ですので、自分の家が管轄している地域に入っているか、まずは調べなくてはなりません。
管轄している地域ならば、自分の指定した日時に回収してもらえますし、運び出しもしなくて済みます。
解体もしてもらえますから安心です。
回収業者によっては、管轄外であっても近隣であれば受け付けてもらえるところもあります。
回収業者によって状況は異なりますから、管轄外でも問い合わせてみるといいでしょう。

役所の場合

不用品の回収を役所で行う場合、地域の管轄が決められています。
地域によって、回収の料金など規定は異なります。
ですから、不用品の回収を役所に頼むならば、管轄外の地域では頼めません。
管轄内であれば、指定された場所に運ぶわけですから、回収のトラックが入れない場所、または遠い場所であっても受け付けてもらえます。
しかし、他の管轄の収集場所のほうが近くで便利であったとしても、管轄外の場所からは回収してもらえません。

© 2018 不用品回収業者 比較ナビ